するり さらり 伏流水のやさしい口あたり 粉雪のごとき喉ごし

眼下に日本海と新潟平野を一望する越後の名峰、弥彦山。
その山麓の地「泉」で、弥彦酒造の蔵人たちは弥彦山の伏流水で、その地名の如く清水のような酒造りを今に伝えています。


あくまで脇役。


私達は酒をそのように考えています。繊細で豊かな食彩をもつ日本には、強い主張する酒ではなく、美味しさの感度を整えるような存在こそ、酒の役割と考えるからです。


本当の酒造りをしたい。


彌彦神社(おやひこさま)の御神酒蔵として地元の人々と共に生き、共に暮らし、共に祝う。

弥彦山の伏流水のように「するり」とした口当たり、雪国にいがたの粉雪のように「さらり」とした喉ごし。
『こしのはくせつ』と名付けられた彌彦神社に捧げられる淡麗なる清楚なお酒─。

日本を愉しむ人のために、蔵人たちは腕を磨き、心を込めます。
越後一宮に祝福されし酒、どうぞお楽しみください。

会員ログイン 弥彦酒造
極み
梅酒 お知らせ
 2018.01.16 特別純米 辛口 無濾過・瓶火入は完売致しました
 2018.01.06 こしのはくせつ〈大吟醸〉〈純米大吟醸〉のラベルが新しくなりました。随時ラベル・化粧箱の変更が予定されておりますのでご了承ください。
 2018.01.01 謹賀新年
昨年中は格別のご厚情に預かり、心より御礼申し上げます。
本年も昨年同様ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。皆様のご健康とご多幸をお祈りして新年のご挨拶とかえさせて頂きます。

元旦
 2017.12.10 CAMFIREクラウドファンディング達成。
弥彦酒造の「彌彦愛國プロジェクト」がスピード達成を記録しました。
 2017.08.01 8/3 NHK総合【あさイチ】にて放映。
同番組のコーナー「出たトコ!」内にて弥彦酒造の様子がオンエアされます。