泉流醸造元 弥彦酒造

眼下に日本海と新潟平野を一望する越後の名峰、弥彦山。
その麓、越後一宮彌彦神社など、まさに自然と神の恩恵を授かった山麓「泉」の地で本当の國酒を護り続ける酒蔵があります。「こしのはくせつ」で知られる 越後一宮 彌彦神社御神酒蔵 弥彦酒造です。

越後一宮 彌彦神社天保九年(1838年)創業。
嘉永元年に初代が独自の酒造法「泉流醸造法」を確立。「〜その色淡、その味頸、耐久廃せざる〜」を特徴とした当時画期的な醸造法とされていました。

以来、その醸造を修めるべく多くの蔵人が泉流の門を叩きました。
長年にわたり多くの蔵人を育て、師事した門人は数百人。泉流の流儀を踏襲した多くの蔵人を杜氏として各地の蔵へ輩出したことから、『出世蔵』と称された老舗蔵です。

越後一宮に仕える御神酒蔵として、日本酒を取り巻く環境が変わろうとも、流行に左右されず、永きにわたり丹精込めて仕込まれる泉のごとき酒造りがここにあります。

厳寒期にのみ手造り・小仕込みされる本物の國酒

越後の名峰、弥彦山の伏流水のみを使用
米は最高級の兵庫県産山田錦と弥彦産の山田錦・愛国・越淡麗・五百万石を丁寧に磨き、雪の降り積もる厳寒期にのみ、手造り・小仕込で「本物の日本酒」が醸造されています。

愛国その酒造りを護るため、弥彦酒造は日本酒品評会・競技会など一切のコンテストに参加しない酒蔵として知られています。
酒はあくまで、神に捧げるもの・人が飲み味わうものであり、その向こうに飲み手ではなく点を取るためだけの酒造りは蔵の流儀にそぐわないからです。品評会・競技会のために人・技・時間・費用を用いるのではなく、実際に飲み味わっていただける人のための酒造り。

数年前からは幻の酒米「愛国」を栽培し、弥彦の蔵元で醸造し、弥彦の書家がラベルを作る─「農業から醸造まで全量弥彦産の酒をつくる」彌彦愛國プロジェクトがスタート。

地元に生きづく本当の酒づくりが実践されています。

雪のように清く 湧水のように尊い酒

吟醸以上の酒は生まれたままの姿を損なわぬよう、瓶火入での冷蔵庫管理という、現代において可能な限りのこだわりをもって造り上げられます。
そのため、口あたりがよく、まろやかでやさしい味に仕上り。雪のように純粋な清楚なお酒。ぜひご堪能ください。



こしのはくせつ苺酒流千光輝弥彦観光協会会員ログイン